コラム

HOME > コラム > 睡眠とやる気!

コラム

2018/03/02睡眠とやる気!

こんにちは。
品質管理質の立尾です。

 

気がついたらもう3月に突入していますね。
インフルエンザから花粉症の時期です。
花粉症は1週間休んでも治るとは限らないので、気を付けたいですね・・・


私も鶴田会計に入社して1年が経ちましたが、
最近、電車の中で立っていても眠れる技を身につけました!
運良く席に座れた時は、5分で眠りにつくことができます!

ですが、そんな技を身につけてしまったおかげで、
先日帰りの電車で、見事に降りる駅を通過してしまいました。

そんなことや、最近足が重たくてよく躓くことが多くなってきたこともあり・・・
もっと効率的に質のよい睡眠をとれるようにしよう!と思い、
昔買ってあまり読んでいなかった、睡眠の本を読んでみました。

 

「睡眠とやる気の関係」について書かれていたので、少しご紹介したいと思います。

 

------------------------------------

まず、やる気がなくなる前に「脳からの警告サイン」をキャッチする必要があるそうです。

警告サインとは、
例えば・・・
 ・タンスのカドに足の指をぶつける
 ・アメを口に入れたらすぐに噛んでしまう
 ・机の上が片付かない
 ・夜中のお菓子を我慢できない
 ・人の言い方が気になったら
 ・「あれ?何しに来たんだっけ?」と言ってしまう
  といった状況です。

 

これらの状況が警告サインとなる理由は省略いたしますが・・・
この警告サインは、
「すでに脳の覚醒レベルが低下しています。直ちに対処してください!
 さもないと、やる気が起こらなくなるか、焦って先走るようになりますよ!」
と伝えてくれています。

 

もし、この警告サインが出ていしまっているときには、

 ①朝の5分 「光の法則」  起床から4時間以内に光を見る
 ②昼の5分 「負債の法則」 起床から6時間後に目を閉じる
 ③夕方の5分「体温の法則 」起床から11時間後に姿勢をよくする

という『睡眠の3つの法則』を実践することで対処することができます!

また、この3つのすべてを始めなくても、まず1つ実践してみることで、
自然と3つができるようになっていきます。

 

すると、質のよい睡眠がとれるようになり、
記憶が整理され、どんな状況でもやる気が湧き上がる!!
生活リズムが整えられ、人生が変わる!!!となるそうです。

------------------------------------


これがベストな方法かどうかは分かりませんが、
なんとなく調子がよくない、集中できないといったときの原因は睡眠にあるかもしれないので、
一度自分の睡眠について見直してみるのもよいかもしれませんね!

 

確定申告の申告期限まであと2週間!
やる気が空回りしないように、質のよい睡眠をとりながら頑張りたいと思います!