コラム

HOME > コラム > GW!

コラム

2018/05/08GW!

こんにちは。ゴールデンウィークもあっという間に終わってしまい再び仕事モードで頑張っている3課の川崎です。

                                          ILM14_AA02040

鶴田会計は4月決算法人なので5月からが新事業年度!
新事業年度に合わせ社内では組織変更があり私の課は新たに「3課」としてスタートします。また、名古屋本社では今回の組織変更に伴い執務室のレイアウトが大幅に変更され新しい環境のもと仕事に取り組んでいます。

 

とはいえ先週はGWという事で仕事はお休み。私は中学生になる息子の野球観戦を楽しませていただきました。激戦の地区大会を勝ち上がりGWを使って県大会が行われました。

     IMG_1471 (1)

勝ち進めば1日2試合を連日こなしていく試合日程でちょっとかわいそう… 
息子の中学は県代表候補の1校として期待されていましたが結果はまさかの準々決勝敗退。1点を争う好ゲームでしたが試合の流れは行ったり来たり…野球って怖いなぁと改めて感じました(^_^;)

悔しかったですがここは前向きに気持ちを切り替えて、次は中学生最後の夏の大会に向け頑張ってもらいます!!

             IMG_0014 (1)

 

GW後半は野球応援がなくなったこともあり(^_^;) 仕事の整理を“少し”したり税制改正の資料に“少し”目を通したりと“少し”有意義に過ごせました。

 

せっかくなので仕事に関することも少し書きたいと思います。

       ILM14_AA02044

『民法(相続法)の改正法案』について

相続税制はここ数年改正が頻繁に行われてきました。平成27年から基礎控除が大幅に減額されたり、30年度改正では小規模宅地の特例(家なき子特例)の厳格化など様々です。

 

しかし、一方で相続法そのものは40年近く大きな改正はありませんでした。その相続法が今回検討されています。

注目すべきは「配偶者居住権」が創設されること。今までは相続があった場合、配偶者はその後の生活も考慮し自宅を相続するケースが多いと思いますが、法定相続分を基本に相続しよう(分けよう)とした場合、自宅以外の財産を相続し難くなっていました。しかし、「配偶者居住権」は住むだけの権利であり、自宅を売却したり賃貸することはできません。そのため評価は当然低くなる予定です。結果、自宅に住み続けながら現金等自宅以外の財産を相続することが可能となります。

ILM14_AA02046

相続税法に相続法… 若いころ先輩に言われて本を読んだのを思い出しました(笑)

鶴田会計のクレドの一つ ”成長できなきゃ楽しくない”

言われるのではなく自ら必要な知識を習得しにいく。歳をとっても成長を楽しめる人生を送りたいと思っています!

 

税理士事務所は年末から3月の所得税確定申告、そして5月の3月決算法人の申告までと忙しい時期が長く続きます。健康には気を付けていきたいと思っていますが最近飲む機会が多く6月の健康診断が怖いです…(笑) 

 download

執筆者:川崎貴清スタッフ紹介ページ

■ 過去の記事 ■