コラム

HOME > コラム > ふたご座流星群

コラム

2018/12/18ふたご座流星群

こんにちは!品質管理室の浅田です。

12月に入って寒さも本格的になってきましたね。

毎朝凍えながら出社しながらも雪が降るのをちょっとだけ楽しみにしています。

名古屋の初雪は平均だと12/20ごろだそうですが、寒暖の動きが激しい今年はどうなるでしょうか…

 

ところで先日12/14の深夜、みなさんは空を見上げましたか?

 

毎年この時期になるとふたご座流星群が見られます。

1年の中で流れ星が見られる期間は数回ありますが、このふたご座流星群の時期には

1時間に40~50個もの流れ星が肉眼で確認できるそうです。PKPAKU3447_TP_V

午前1時ごろに、そういえば今日だった!と思い出し、

慌ててパジャマの上からコートを2枚重ねて外に出て空を見上げて待っていたら、

1分もしないうちに大きな流れ星を見ることが出来ました。

 

こんなに寒いのにどうしてわざわざ流れ星を見たくなるんだろうと不思議に思いながらも、

そのまま15分ほど空を見上げ続け流れ星を見つけてはうきうきとした気分になりました。

本当に夢が叶うと信じているなんてことはないのですが、

どうしてか空を見上げることをやめられませんでした。

 

自分が初めて流れ星をはっきりと見たのは2001年のしし座流星群です。

ニュースにも頻繁に取り上げられどこを見ても星が流れているような大流星群でした。

当時6歳だった自分は流れ星を見られたことが嬉しくて嬉しくて

「お金お金お金」と叫んではしゃいでいたことを今もよく覚えています。

 

星を見ると今もその頃の幸せな気持ちをふと思い出します。

普段はスマホで遊んだりゲームをしたりパソコンをしてはすぐ寝てしまうのに、

ふたご座流星群を見たその日は久しぶりに小学校の通学路や

昔よく遊んだ公園に足を運びたくなったり、

何か新しいことを始めてみようかななんて気分にもなりました。(特に何も始められませんでした)。

 

初めての繁忙期が始まり、ついつい自分のするべきことで頭がいっぱいになってしまう毎日ですが、

そんなときこそ新しいものをみたり懐かしいものに触れて視野を広げながら、

自分自身を成長させるきっかけに繋げられたらいいなと感じています。

鶴田会計に内定をいただいてからここまでの1年で、

学生時代よりもずっと多くの方に出会い、ずっと多くのことを学び、

まだまだ未熟ではありますが大きく成長することが出来たと確信しています。

来年またふたご座流星群を見たときに、今の自分を振り返って

今以上の成長を感じられるような2019年を過ごしていきたいです。

 

ここまで見ていただきありがとうございました!みなさまよいお年を!