お客様の声

HOME > お客様の声 > 事業承継 > 株式会社ナカムラ

株式会社ナカムラ 代表取締役 中村貴男様のお声

日本中から注文がたえない
伝統の組飴をプロデュースした会社

  • 株式会社ナカムラ  代表取締役 中村貴男
  • 業務内容:卸販業
  • URL:http://myame.jp/

まずは自己紹介からお願いします。

父親からお菓子の卸販業を引き継ぐことになりました。
当時、業界そのものは好況でしたが、卸売業の業態も大きく変わると予測できる中で家業を引継ぎました。
PCやインターネットの普及に伴い、満を持して展開したのが「まいあめ工房」です。
「まいあめ工房」の販売方法は、オリジナルの組飴を製作しインターネットで販売するという形態をとっています。
インターネットでの集客方法にこだわりを持っており、数多くのメディアにも取り上げられました。

飴職人が丹念に組み上げる飴は100%手作りです。
たとえ同じ絵柄でも、切り出した飴一つひとつの表情が微妙に違います。
お客様には、手作りならではの温もりが伝わる、世界に一つだけのオリジナルキャンディーを作くって頂くことができます。

DSC03488 DSC03479DSC03487

 

 

 

 

 

コミュニケーションが取れる若い税理士をパートナーにしたい

いつごろどんなきっかけで鶴田会計に出会いましたか?

父親の代からの税理士さんに不満がありました。
前の税理士さんとは、コミュニケーションがほとんど取れていなかったんですよ。
毎月、経理担当者が会計事務所に月次資料を持っていき月次報告書が送られてくるだけで報告をしてもらえていなかった。
また、税務調査の時に税理士さんのミスで不手際がありました。

そこで、税理士さんを変えようと考えたんです。

選ぶ際に考慮したポイントは、

  1. 財務内容、資金内容等を迅速に把握できるフットワークの軽い税理士
  2. 創業支援や事業承継のアドバイスをもらえる税理士
  3. 自分が遠慮なく何でも頼める若い税理士

という点を重視しましたね。

HPを調べてみたらちょうど鶴田会計のページを発見し、会社からも近いということもあり面談をお願いしました。
お会いしたことのある税理士さんもいましたが、若くてフットワークの軽い税理士さんをビジネスパートナーにしたいと考え鶴田会計にお願いすることに決めました。

 

適時適切に色々な提案をしてもらえる

実際の鶴田会計の印象はいかがですか?

色々な提案を頂ける会計事務所だと感じています。
ちょうど会社の業態を意図的に変えようと思っていた時期だったのです。
初めのうちは、どのように利益を出すのかということに重点を置いていたんですが、新業態が順調に伸びていくにつれ、税務対策の必要が出てきました。

鶴田会計からは、その都度税務対策の提案をしてもらえました。

その提案は、ただ単に経費を多く使うという単純なものではなくて、会社や経営者の事を考慮した節税方法でとても助かりましたよ。このような提案のおかげで無駄な税金を払わずに済んで良かったです。

 

経営者の視点に立ち、やりたいことを理解してもらえる

決め手になったところはどこでしたか?

財務が迅速に開示してもらえることや適切な税務アドバイスをもらえることも大事ですが、業態を変えていく過程でしたので、業界の考え方にとらわれないということも重要なポイントでした。

このような中で鶴田会計は、「今までのやり方がどうこう」ということでなく、「これからどうしていくか」という視点を持ってもらえる会計事務所だったのが決め手となりました。

これから会社の利益を上げていくために必要な存在となると感じましたね。

 

経営をしっかりサポートしてもらえる

鶴田会計の感想をお聞かせください。

結果として鶴田会計に会計事務所を変えてよかったと思っています。

鶴田会計にお願いしてから経営が上手くいっていますよ。
それは、毎月の月次監査で数字を把握でき、会社の適切な経営判断に役立っているからだと思います。

また、決算時には、来期の予測を立ててもらえ、会社の一つのガイドラインができるのが良いですね。
その会社の目標に対して、数字の変動の要因や適切なフィードバックが毎月もらえる点もとても役立っていますよ。

また、会社の事務所移転、新規事業の拡大を考えていた矢先にリーマンショックが起きました。
今だから言える話ですが、当時の私には、新事業を拡大させることができる確信はあっても中々決断することに勇気がいりました。

そのときに後押ししてくれたのが鶴田さんだったんですよ。

専門家の意見や経営的視点でアドバイスをもらえたのが非常に大きかったと思ってます。
このような大きな転換期を乗り越えることができ、周りの経営者の方々からは、「会計事務所を変えてから会社が変わったね」と言っていただけたりしてるんですよ。

税務調査の対応もしてもらいました。調査では、誠実に対応をしていただき大きな問題もなく終えることができました。

 

奥様、経理事務としてのサポートはどうでしたか?

前の税理士さんは、一年に一回も会社に来てくれませんでした。
私が経理資料を持って行って月次報告書が郵送で送られてくるだけだったんですよ。
それに加えて、税務調査で色々と問題がありました。

その時に税務署の担当者の方に「税理士さんのお仕事はこんなんですか?」と尋ねると「いやー、それはないんじゃないのかな。」と言われたので前の税理士さんに不信感を抱きました。

社長と一緒に将来の事を考えて鶴田会計にお願いすることにしました。
それからは、何をやるにしても社長は鶴田所長に相談をしてアドバイスを受けてます。当時は、
忙しかったので、経理も丸投げの状態でしたが、しっかりサポートしていただき助かりました。
鶴田会計なしには、今のナカムラは無かったと思っています。

 

次は事業承継の専門家としてのアドバイスをお願いします!

鶴田会計への今後の期待と要望は?

鶴田会計が思った以上に事業が拡大してきているので鶴田所長の健康が心配ですね(笑)。
鶴田所長とは、時間が合う時には食事へ行ったりなど密なコミュニケーションを取れています。
これからもこのような関係を続けていきたいと思っています。

今後は、事業承継に向けて対策を行っていく必要があると考えているところなんですよ。
これからは、後継者に引き継がせるための仕事の仕方、税務対策の提案してもらいたいと思っています。

鶴田会計は、事業承継を専門に行っているので、色々な承継事例を聞いてみたいですね。
また、大きく業態が変わる時がやってくるはずなので、その時に適切な財務状況に基づいた経営判断のアドバイスを頂ければと考えています。

 

中村社長、お忙しい中貴重なお時間をありがとうございました!