お客様の声

HOME > セミナー > 財務部長サービス~融資を見直しませんか?

財務部長サービス~融資を見直しませんか?

財務部長サービス~融資を見直しませんか?

開催日:2020年02月21日

事業性評価に基づく融資とは??

先日、下記リンクの財務部長サービスのお知らせを掲載させていただきました。

https://www.tsurutax.com/seminar/9024.html

何をご支援させていただくかというと、次の2点です。

①獲得収益(現金)と返済を一致させる

 ⇒収益(毎年入ってくるお金)以上の返済にしない(返済額を減らす、返済期間を延ばす)

②調達余力を増やす、資金調達手段を増やす

 ⇒いざという時に融資を受けられるようにしておく

上記を念頭に、財務内容を確認させていただきながら、健全化のお手伝いをさせていただきます。

 

現在、金融機関さんは、事業性評価(ざっくり言うと、地域経済・産業振興のためにも、取引先の状態をしっかり確認して、ライフステージや課題に応じて必要な支援を行っていきましょう!そのためにも取引先の現状、事業の価値や課題・解決策をしっかり見ましょう!)の一環として、担保・保証に必要以上に依存しない融資を展開するために「短期継続融資(*1)に取り組んでいます。

(*1)期日到来時に手形貸付等の書き替えで融資を継続し、返済期限を延長する。取引先は事業を継続している限り借入金を返済せず、金利だけを支払う。無担保、無保証で融資する代わりに、金融機関が定期的に事業内容や状況を精査する。

従って、今までの、全ての借入金に対して毎月返済を行って、資金が足りなくなったら、金融機関さんを探して、借入交渉をして、比較検討して、という資金繰りの心配や業務がかなり減ることとなります(といっても金融機関さんへの報告や書き換え等え交渉は必要ですが、少なくとも、経営者の方が割く時間や心配が減ることは確かです。)

 

一方、金融情勢の流れが変わってきているものの、金融機関さんが全ての取引先に対して上記のような対応を実行してくれるわけではありません。

しっかり自分たちの状況を金融機関さんのルールに沿った形で「書類」でお伝えして、対応を検討していただく必要があります。

 

 

資金繰りにお困りの皆様、計画経営を実践したい皆様、人を雇用することなく(コストを抑えて)、専門家を雇って財務を改善してみませんか??

 

財務部長サービス

財務部長サービス_page-0001
~ベンチャーの挫折の原因はいつも同じである。
第一に、今日のためのキャッシュがない。
第二に、事業拡大のための資本がない。
第三に、支出や在庫や債権を管理できない。
(「ドラッカー名言集 変化の哲学」ダイヤモンド社より)
財務部長が月額70,000円~

こんな悩みをお持ちの方に

・社長が営業活動などで忙しすぎて銀行対応している時間がない
・財務部長・経理部長が必要だが、雇用コストが高くあきらめている
・事業計画をどう作っていいかわからない、どの金融機関と交渉すればいいかわからない、金融機関との交渉ポイントがわからない

サービス概要

 

松コース

竹コース

梅コース

財務経理相談・アドバイス(*1)

資金繰り管理(*2)

経営計画策定

 
 

銀行説明

 

料金

月額200千円

月額100千円

月額70千円

(*1)毎月の会議
→経営課題抽出・課題解決確認、資金・財務会議
→適正な金融機関の構成や短期・長期の残高、金利、調達方法(保証や担保)のご相談
(*2)入金・支払等に必要な基礎データは貴社にて整備

メリット

・低コスト:(通常年間600万以上)財務部長を雇わなくとも適切な財務管理と資金調達をお任せ可能
・人材リスク:会計事務所としての半永久的対応を実施。経理財務人材の退職リスクなし
・脱どんぶり:資金繰りによるシミュレーション・経営判断
・手間いらず:金融機関向け資料の作成やアドバイスによる負担減・本業集中
・安心と信頼:財務状況の把握が可能・打ち手がわかる,金融機関対応について様々な選択肢の提示金融機関への説明による信頼度向上

まずは診断

・今なら無料診断実施します!
―財務状況の査定
―金融機関からの評価
―課題・対策

無料診断お申し込みはこちらからどうぞ!