コラム

HOME > コラム > 満足感と睡眠

コラム

2017/05/17満足感と睡眠

こんにちは。
労務チームの戸塚です。

今年の4月から新卒社員として入社させていただきました。
お仕事のこと、新卒採用のこと、社内のこと、書きたいことはいろいろありますが、
今回は「満足感と睡眠」について書かせていただきます。
なぜ突然睡眠の話?と思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、少しだけお付き合いしていただけると幸いです。

私は仕事が終わって家に帰り、着替えて座ると、一気に眠気に襲われます。
慣れない環境に身を置き、「働く」という初めてのことに挑戦しているため、
慣れるまでは、このような生活が続くと思います。一人暮らしをしているため、動かなければ当然ご飯も出てきません。それでも睡眠を優先したくなります。

私は大学生の頃、昼夜逆転した生活を送っていました。夜になっても眠くならなかったため、
いつまでも起きていました。
なぜこのようなことが起きていたのか、ふと思い返してみると、自分自身の満足感に関係があったのではないかと思います。


しかし、現在は大学生の頃と違って充実感を感じながら一生懸命お仕事に取り組んでいます。毎日が勉強、感謝、出会い、観察、考察、変化、etc...といった具合に常に何かを感じ得ています。もちろんこの先壁にぶつかり、悩み、苦しむこともあるかもしれませんが、その日の夜にぐっすりと眠ることが出来れば、
心は満足感で満たされると思います。

今、私が特に力を入れてお仕事をさせていただいていることは新卒採用です。鶴田会計に来てくださる学生の皆さんが真剣に選考を受けている姿を見ると、本当に良い刺激と満足感を得ることができます。もちろん、自分だけでなく、一番良いのは学生の皆さんに、満足してもらうことです。

まだまだお仕事は始まったばかりですが、今日もぐっすり眠れるように一生懸命今を生きていきたいと思います。

 

 

 

 

執筆者:戸塚駿スタッフ紹介ページ

■ 過去の記事 ■