コラム

HOME > コラム > 自主トレ

コラム

2018/04/24自主トレ

こんにちは、早くも夏バテ気味の岡田です。ここ一週間ずっと親不知が痛いです。


気づけば4月も終わりに近づきました。
11月頃からの長い長い繁忙期も終了です。
これからの閑散期(一応)、何をやろうかなーと考え中です。

 

 

 

とにかく、勉強したい!!

 

 

 

と思っています(笑)
試験勉強を終えてからはや6年。もう過去の知識だけでは生きていけません…
税理士試験は一部科目選択制なので、勉強していない科目があったり、普段使わない科目もあり、
なかなかアップデートできておらずお恥ずかしい限りです。反省。。


ということで、GWをいかにして過ごすか考え中です。
と言って遊びほうけているかもしれませんが(・o・)


こんなことを考えていると、むかしむかし、まだ学生の時に就職先の先輩に言われた言葉を思い出します。


「勉強は趣味だから」


当時は「ほへー」くらいにしか思っていませんでしたが、就職してからは結構ずっと頭にあります。

どんな仕事をするにしても、その職務をまっとうするためには最低限の知識が必要ですよね。
では果たしてその知識を身に着けるための勉強は仕事なのか?ということです。

少なくとも経営者の方々は、自主トレくらいしてくれよ!と思っていらっしゃると思いますが、
なかなか強要できないこのご時世。お察しします(笑)


鶴田会計では「ゆめかな会」という勉強サークルが昨年できました。
試験前にしか稼働しないのでいけないのですが、
毎週の勉強時間を報告し合い、互いに刺激し合うのが目的です。

もちろん勉強時間が少ないと、するどい突っ込みが入ります(*^。^*)


やるもやらないも自分次第!
いつやるの?今でしょ!!(古い!)


私も担当を持たせて頂きはじめてからもうすぐ丸6年。
当初より強く感じるのは、税理士という職業は直接的ではないにしろ人の命に係わる仕事だなということです。
私たちが的確なアドバイスをできなかったら、間違った方向に導いてしまったら、
資金繰りが悪化し、経営が成り立たなくなってしまうかもしれません。
ちょっとハードかもしれませんが(笑)、それくらい真剣に向き合ってきたつもりです。


だからこそ、日々研鑽し続けなければいけないなと、あらためて感じた繁忙期でした。おしまい。

執筆者:岡田永遠スタッフ紹介ページ

■ 過去の記事 ■