コラム

HOME > コラム > 「勉強」=「学び」?

コラム

2017/08/04「勉強」=「学び」?

皆様こんにちは!このコラムを夜に読んでくださっている方はこんばんは!

このコラムを朝に読んで・・・以下略

 

おふざけがすぎましたすいません。

 

改めましてこんにちは!一課の柳澤です。8月に入りいよいよ夏本番!という時期になりました。

熱くなかなか集中できないこともありますが、適度に休憩をとって熱い夏を乗り切りましょう!

 

それでは今回のコラムを始めさせていただきます。

今回は「学び」について書かせていただきます。

 

学生は勉強することが本業ですので、勉強をします。それでは社会人は?

学校卒業したからと言って勉強しなくていい!!!

 

というわけには残念ながらいきません。

仕事にも勉強はつきものです。

勉強といっても数学や英語というわけではありません。(数学や英語を仕事にしている人は別です)

現在、仕事でスキルアップのために資格の勉強をしてる人や実務に役立つ研修・セミナーを受けている人もいると思います。人は常に成長できる生き物だと思っています。ですので日々勉強をすべきだと思います。しかし勉強をしよう!!!とはなかなか思えないものですよね。

僕自身も勉強勉強とできるタイプではありません。そして今回のテーマは「勉強」ではなく「学び」です。

 

仕事に役立つ勉強だから偉い!というわけでは決してありません。趣味のことを学ぶのも、読書をすることも、はたまたテレビを見たりして知識を吸収することも「学ぶ」ということです。

 

人生において「学び」は大切なものです。人は学ばなければ成長できません。

また新しいことを覚えたり、できたりなど「学ぶ」ということはとても楽しいものです。

 

現在、資格や実務の勉強している人はもちろんその勉強を頑張ってください。

今何もしてないなぁという人は好きなことについて調べたり、テレビをぼーっと眺めるのではなく何か吸収できないかということを意識して、ぜひなにかを「学」んでみてください。

 

 

私の好きな言葉に「今日が残りの人生で一番若い日」という言葉があります。

思い立ったら吉日、今日からぜひなにかを学んでみてはいかがでしょうか。

執筆者:柳澤祥貴スタッフ紹介ページ

■ 過去の記事 ■