コラム

HOME > コラム > 男性の育児休業は会社もメリットがあるんです!

コラム

2021/01/21男性の育児休業は会社もメリットがあるんです!

初めまして!労務チームの小竹です。

今回は、男性の育児休業についてお話しします。

 

男性も育休が取れるんです。

ご存じの方も多いと思いますが、なかなか普及しているとは言えない状況。

皆様も実感としてあると思います。

 

厚生労働省が令和1年に実施した調査によると、

女性の育休取得者は84.3%であったのに対し、男性の育休取得者は10.5%でした。

政府の目標は2025年に30%にすることですが、ちょっと遠い数字です。

ikuji_kodure_syukkin_businessman

 

そこで、男性の育児休業を促進するため「男性産休」を新設する動きが出ています。

男性産休とは、子どもが生後8週までの間に最大4週間取得でき、分割取得もOK。

その他にも、男性育休には、以下の内容が今後盛り込まれそうです。

・働いて1年未満の非正規雇用の人も育休を取れる

・企業には育休対象者に取得を個別に働きかけたりすることを義務づける

・大企業には、育休取得率の公表も義務化する

厚労省は、2022年度からの実施を目指し、通常国会に育児・介護休業法の改正案などを提出したそう。

 

 

男性育休は世間の厳しい目もまだあるかもしれませんが、社員が育休を取ると会社にもメリットがあるんです!

business_baby_ikukyuu_man

それは、「両立支援助成金」

男性に5日以上の育休を取得させると、申請できます。

その額なんと1人目57万円!!

※大企業は14日以上の育休で助成金額は28.5万円です。

2人目以降も、金額は減りますが助成されます。

この育休は無給で大丈夫です。

 

詳細は厚労省のリーフレットをご確認ください。→こちら

 

いかがですか?

この内容が気になった方は、いつでもご連絡お待ちしています。

執筆者:小竹由紀スタッフ紹介ページ