コラム

HOME > コラム > 【コロナ】自費検査で陽性の場合、負担した費用はどうなる?

コラム

2021/02/22【コロナ】自費検査で陽性の場合、負担した費用はどうなる?

こんにちは、所長室の浅田です。

離れた家族に会うときや陰性証明が必要なときなど

どうしても自費検査が必要になる場合がありますよね。

その費用は数千円~数万円と様々、

安心できるものを選ぼうとすると、少し高額な出費になってしまいます。

陰性なら問題ありませんが、万が一陽性だったとき

負担した費用はどうなるのでしょうか?

 

陽性でも後から保険適応にはならない

検体採取のイラスト(喉)

 

残念ながら返金や保険適応といったことにはならないようです。

あくまで検査を受ける時点での状態や条件が判断材料になるため

自費で支払った金額が後から変わることはないのです。

 

 

陽性なら医療費控除が使えます!

確定申告の申告書を書いている人のイラスト

では何も出来ないのかというと、そうではありません。

医療費控除は、1年間に多くの医療費を支払った場合(一般的には10万円超)に、

所得税の負担が軽減する所得控除制度のひとつで

陽性の場合の検査費用は、治療に先立って行われる診察と同様に考えられるため

この医療費控除の対象となります。(所得税基本通達73-4参照)

 

今年も2/16㈫に申告期間が始まったばかりですので、

該当のある方はぜひ検討してみてはいかがでしょうか。

 

・医療費控除で税金がどれくらい安くなるか

・確定申告をどのように行うか

気になる場合は弊社までお気軽にご相談ください。

 

▼お問い合わせはこちらから

グロースリンク税理士法人 名古屋本社
〒453-6119
愛知県名古屋市中村区平池町四丁目60番地の12グローバルゲート19階
052-587-3036