コラム

HOME > コラム > 前日の睡眠で次の日の調子が決まる!

コラム

2018/09/14前日の睡眠で次の日の調子が決まる!

こんにちは!品質管理室の西川です!

最近朝晩が寒くなってきましたね〜

ということは秋が近くなってきたということ!

美味しいさんまの季節ですねえ〜

皆さんはもう今年の新さんま食べましたか?

今年の新物という見分け方はズバリ口ばしにあります!

鮮度のいい新鮮なさんまの口ばしは黄色いのです!

ぜひ食べられる際に見てみてください♪

 

豆知識はこの程度にして、、、

 

今回ご紹介するのは睡眠の質に関してです!!!

これから寒くなってくると朝布団が恋しくなる

なんて人は多いと思います。

そんな人にまずスッキリと起きられる方法を

お教えしましょう!!!

 

1寝る前のスマホ、テレビ、パソコンをやめる!

眠る前にスマートフォンなどの画面から出る

「ブルーライト」を浴びると、眠気を導く

ホルモン「メラトニン」の分泌が抑制され、

眠りが妨げられます。

また、ブルーライトに加えて、スマートフォンや

パソコンで閲覧する情報によっても脳が刺激され、

スムーズな寝つきを妨げます。

 

2起きたら好きな音楽を聴き、朝日を浴びる

スッキリ目覚めるためには、

「2500ルクス以上の光」を浴びるのがポイント。

太陽の光は曇りでも5000ルクス以上の強さがあるので、

天気にかかわらず朝起きたらすぐにカーテンを開け、

部屋に太陽光を取り込む習慣をつけましょう。

また、お気に入りの音楽を聴くとドーパミンが

分泌され、脳自体が起床することで目覚めが早くなります。

 

 

どうでしょうか、簡単なことだと思うので

朝が苦手な皆さんも試してみてください!

 

 

ちなみにそんなこと言っている自分は実家に

住んでいる時は祖母が起こしてくれるので

頼りっきりでした、、、(笑)

(おばあちゃんっ子なんですすみません)

 

 

僕は1人で暮らし始めてから実践しているのは

人間は3時間サイクルでできているということから

睡眠時間を3で割り切れる時間に設定しています!

例えば夜10時に寝て朝7時に起きると9時間睡眠なので

3で割り切れる数字なのでスッキリと朝起きることができます。

分単位でも、15分だけ目を閉じるとスッキリしたりします!

 

今まで朝が苦手だった僕はこれで克服しました☆

 

こちらは特に自身があるので試していただいて

結果を教えていただけると嬉しいです♪

※寝坊しても文句言わないでくださいね

 

 

このように苦手な方は何か手を打っていかないと

つらい季節が近づいてきています。

仕事のパフォーマンスにも影響があると思うので

是非実践してみてください。

 

冒頭にさんまの話がありましたが、美味しいものを

食べて満足感を味わって寝ることもいいかもしれませんね。

僕はさんまが頭が離れなくて妄想でご飯が食べられそうです、、、

 

くだらない話私事は置いておいて☆

 

 

今回はこの辺りで失礼いたします。

次回も楽しみにしていただけると幸いです!

 

ではまた。

執筆者:西川和樹スタッフ紹介ページ