コラム

HOME > コラム > 企業の体重測定

コラム

2011/06/01企業の体重測定

2011年06月01日

みなさん、おはようございます。
霜鳥です。

突然ですが、最近体重測ったことありますか?
僕は、つい最近測りました。半年ぶりくらいに・・・。
すると、どうでしょう。
僕の適正体重と考えていた体重よりも3キロも多かったのです。
ただいま、不良在庫をお腹に抱えています。
自分の健康状態の指針の為にも、体重をこまめに測ることは大切だなと感じました。

例えば、この体重測定を会社を一個人と見立てて行ったらどうでしょうか。
体重は今の企業の経営状態と考えることができます。

成長した健全な会社は、年を経ることに順調に資産を増やしていきます。(体重の増加)
また、採算の取れない事業は切り離したりする場合もあります。(ダイエットの必要性)

けれど、その基準となるのが、適正な財政状態を知るという事です。自社の適正基準を知らなければ、適正な判断はできません。

もし、今の現状がよくわからないというのであれば、御紹介できるセミナーがあります。

「銀行が安心できる決算書セミナー」
講師は鶴田会計の堀 佳一。

堀は、長年の経験則からお伝えすることがあります。
「経営状態のよい会社は、○○な会社が多い」

僕はこの言葉を聞いたとき、妙に納得したものでした。
○○の答えが気になる方は、是非、決算書セミナーにお越しください。
堀が最高の笑顔と良い会社になる気付きを提供致します。

担当:霜鳥

 

関連リンク