所長コラム

HOME > Q&Aコラム > 【フィナンシャル・ナビ/創業融資】副業での融資可否

Q&Aコラム

2020/01/22【フィナンシャル・ナビ/創業融資】副業での融資可否

IMG_4312

こんにちは。鶴田会計の森です。

この2-3年、年齢を経るにつれて、なぜか二十四節気を意識するようになってきました。(本日は大寒の期間)

個人的には夏が好きなのですが、雨水や啓蟄など、春の兆しが感じられる時に言葉の意味を見て、昔の人はよくこんなの考えたなー、と感心しています。

と、詩人ぽい一面をお見せしたところで、

 

 Q:副業でも融資は可能でしょうか?

 A:可能です。

 最近、働き方改革にも関連していますが、国でも厚生労働省を中心として、副業・兼業の普及促進を図っています。

 弊社においても融資相談として副業・兼業での融資は可能か?ということでご相談をいただく機会も増えてきています。

 

 結論から言うと可能です。

 上記については、創業融資全てに共通ですが、二つの要素が必要です。

・ビジネスモデルが確個たるものであること

 ―副業・兼業のビジネスが本業のみで、運営可能なものであること

 ―単なる小遣いかせぎではなく、将来性のあるもの(小遣いかせぎのために融資は不可です)

・(何度も書きますが)自己資金と経歴(経験)は必要

 上記二つがあれば、基本的には本業のみの融資と同じで融資可能性が有ると考えてください。

 

 ただ、下記については注意が必要です。

 ・本気で副業・兼業ビジネスに取り組むという姿勢が求めらる

 ・上記に反して、融資側は返済原資を確保したいため、本業での安定性(収入/本業継続)も求められる

 どの融資にも言えることですが、融資担当者の方の特性や主観で「片手間にやっちゃダメです」

 「万が一があるから本業をしっかりやってほしい、辞めないでほしい」のようなリクエスト(仄めかす等含め)が変わる可能性があるので、ご自身の本業や副業に対するスタンスをしっかり決めて、相手を説得するという姿勢は必要です。

 

 

 

お問合せ

創業融資について、お困りでしたら、弊社にお問合せください。

https://www.tsurutax.com/service07_kigyou/

 

【鶴田会計SNS】

随時更新中!気軽にフォローください。

Facebook▶https://www.facebook.com/tsurutakaikei
Instagram▶https://www.instagram.com/tsurutax_accounting
Twitter▶https://twitter.com/tsurutakaikei

~税理士法人鶴田会計は名古屋 と岡崎に事務所を構える会計事務所です。 
~起業家支援、医科・歯科・クリニック支援、事業承継支援と経営支援に特化した専門部隊が お客様のステージとニーズにマッチしたone-stopサービスを提供します! 


【セミナー情報】
法人化・相続・承継・融資・ビジネスマッチング等 様々なセミナーを多数開催しております。 
~現在開催中のセミナーはこちら! 
https://www.tsurutax.com/seminar 

【お問い合わせ】 
〒450-0002 
愛知県名古屋市中村区名駅3丁目9-13 MKビル5F 
税理士法人鶴田会計 TEL:052-587-3036